プロフィール

1995年、国立音楽大学2年終了後、パリ国立高等音楽院に入学(アラン・マリオンクラス)。1998年、同音楽院をフルート・室内楽(ギターのとのデュオ)共に一等賞(プルミエ・プリ)を得て修了。

1998年6・7月、オペラ音楽祭.エクス・アン・プロヴァンス・フェステイバルに各国からの選抜オーケストラ・メンバーとして参加。オペラ公演の他、室内楽コンサートに出演。ラジオフランス、テレビフランスで放送される。

1999年1月、ラジオフランスにて、ハープ・ヴィオラとのトリオで生放送。同年2月~5月、エクス・アン・プロヴァンス・フェステイバルのメンバーと共に、オペラ・ツアーに参加。引き続き6.7月のフェステイバルへの参加を終え、同年8月に帰国。

2000年、第5回日本フルートコンクールびわ湖にて、第2位及び武者小路千家賞を受賞。

こ れまでにフルートを、宮本明恭・渡辺圭一・原比呂美・A.マリオン・V.リュカの諸氏に、フルートトラヴェルソをピエール・セシェに師事。室内楽をアラ ン・ムニエ、ラツロ・ハダディ、ミッシェル・モラゲス、イタマル・ゴラン、ニコラス・アンゲリッチ、フランソワーズ・ブーケ、ソーランジュ・キャパランに 師事。その他、J.P.ランパル・E.パユ・M.コフラー諸氏等のマスタークラスで研鑚を積む。

2005年7月より、フランス再渡仏パリ市内在住。オーケストラはこれまでに、パリ管弦楽団、ワロニー室内王立弦楽団、オーヴェルニュ弦楽団、プロメテ・オーケストラ、パリ音楽院卒業生選抜オーケストラOLC、東京フィルハーモニー、群馬交響楽団等に度々出演。

現在、木管五重奏「アルテ・コンボ」、弦楽カルテット「IKI]、サウンド・ペインティング「アマルガム」、即興トリオ「ソロリテ」、その他ダンサーとのコラボレーションなどジャンルを越えて幅広く活動中。 

2010年、ストラスブルグ音楽院現代曲部門(マリオ・カロリクラス)において満場一致の一等賞を取得。アルス・ノヴァ、アンサンブル・カリオペなどの現代アンサンブルにも度々出演している。

また、年に数回、来日公演も行っており、09年10月、初来日したフランス木管五重奏「アルテ・コンボ」日本ツアーは、大好評を博し、「日仏の文化交流」として「読売新聞」で全国に紹介された。